【\祝猫「おむつ」卒業/】それは突然でした、、、こんな日が来るとは(泣)

【快腸】「エビオス」とまではいかないが、「レタス」は胃腸に良いと思うのです。

【快腸】「エビオス」とまではいかないが、「レタス」は胃腸に良いと思うのです。

どうも、ハチです。

 

毎食後、エビオス錠が欠かせない

胃腸の弱い私ですが、

 

この前みごとに飲み忘れてしまいました。

 

案の定、なんか腸のあたりが、

ムズムズというか、重ったるくて、

 

こうなってしまうと、

ほぼ半日はずっと気分も重く滅入ってしまうのです。

 

そんなトホホな日でも、

室内の野菜たちは、

スクスク育っていきます。

 

 

100均のLED電球で、

コツさえわかれば、

冬でも種から安定して発芽🌱して、

かわいらしい双葉を見せてくれます。

 

成長過程を見るのも

「自分もやらなきゃ」

と思わせてくれて、

一緒に成長していこうという気分になります。

 

私が初めて室内で野菜を育てたのはサンチュ。

 

レタスの仲間で、一年通して寒暖に強く、

収穫までが早いので

初心者には向いているそう。

 

その後もレタス系を攻めて、

今のところ種から収穫までこぎつけたのは、

サラダ菜、ロメインレタス、グリーンリーフ、サニーレタスなど。

 

とても簡単で、収穫率は100%。

冬でもです。

 

室内で省スペースで育てているので、

そんなに収穫量はないにしても、

均せば毎日葉っぱ1枚は口にできる程ではないかと。

 

頻繁にレタスを口にするようになって、

なんか胃腸の調子が良い気がするんです。

 

一般的にはキャベツの方が、

ビタミンU&Kによる胃粘膜の再生や、

胃潰瘍の治癒に効果があるとされていて有名ですが、

(「キャベジン」にはビタミンUが入ってる)

 

実感としては、レタスの方がスッキリした感じがするんですよね。

 

レタスは食物繊維が豊富で、95%が水分ということで、

なんといっても食べた後、キャベツよりも胃が軽い気がします。

 

慢性的に胃が疲れていて、

胃もたれ的な症状で困っている方は、

レタスを試してみてください。

 

 

室内で種から育てるレタスなら、

1年中安定して収穫でき、

なんといっても無農薬

(意図的に農薬使うこともできますが、、、お好きに)

で安心して食べることが出来ます。

 

 

 

 

室内野菜栽培の【楽しみ方】カテゴリの最新記事