【\祝猫「おむつ」卒業/】それは突然でした、、、こんな日が来るとは(泣)

できるだけ楽(らく~)に【いろんな種類の野菜を室内で同時に育てたい】欲求を叶えた容器は、、、、、、です。

できるだけ楽(らく~)に【いろんな種類の野菜を室内で同時に育てたい】欲求を叶えた容器は、、、、、、です。

どうも、ハチです。

 

室内で野菜を育てているのですが、

最近はもっぱら観察することに時間を割くことが出来ています。

何よりも、『観察』がしたかったので、良い調子です。

 

夜、部屋の電気を消して、

電球で照らされた野菜たちの日々成長する姿を見ていると、

 

その小さな森に吸い込まれるような感覚にすらなります。

 

 

ここまで来るのに、それなりに調べて、考えて、

自分の意向に沿った「しくみ」を作ることができました。

 

限られた日照とスペースで、

いろんな種類を観察したいという欲が満たされて大変満足しています。

 

 

ここまで来るのに2か月ほどかかりました。

 

仕事帰りに地域の100均を回り回って、

店員に顔を覚えられてしまったことでしょうw

 

とにかく自分の意向にあった容器が欲しかったのです。

 

最終的に落ち着いたのは「ペットボトル」でしたが、、、

 

1株1鉢だとメンテが大変だった、、、

最初は1株1鉢みたいに

個別で容器を用意して育てていたのですが、

 

狭い栽培スペース(防虫ネットの中)の中を

いちいち水の量を確認するのに一つ一つ持ち上げてチェックするのが大変でした。

 

ペットボトルを横にしてみると、、、

それをペットボトルを横に使い、

1ペットボトルに3株をまとめることで、

 

水の管理は週1

水の管理は週1で液肥を追加するくらいです。

 

ほんとはさぼって2週に1回くらい。

それでも平気

 

NO 藻 CRY

藻が発生しないようにアルミテープを上面に貼りました。

 

ペットボトルの表面は微妙な凹凸があり、

最初はコツをつかむのに手間取りましたが、

一つ作る毎に上手になっていきました。

 

そのときは夢中で作業していて楽しかったです。

 

おかげで藻の発生は今のところゼロで、良い感じです。

 

根の成長も良いみたい

空間が広くなった分、根が長ーく横に伸びてくれて、

1株1鉢のときより生育が良いようです。

 

軽いので取り扱いが楽

もっと「大きい容器1つ」でやったらいいじゃないか

とお思いでしょうが、

 

これはこれで管理が大変なんです。

 

とにかく水の量が多くて、重い。

容器を取り扱うのに重いというのはストレスにもなります。

 

少ないながらも部屋に陽が入るときは、

容器ごと移動したかったので、

出来るだけ軽くしたかったのです。

 

万が一のときも、、、

水の量が多いと、

室内では万が一こぼしたときがもう地獄。

 

普通の容器だと、横に倒れたら水が漏れ出ますが、

 

ペットボトルの上面の一部にだけ穴を開けているので、

多少揺らそうが、ある程度斜めにしても

水がこぼれないのが良いです。

 

 

 

ということで、

「ペットボトルを横に使うと、いろんな種類の野菜を同時に育てられる」し

「メンテも楽」なのでした。

 

いや~、一度「しくみ」が出来てしまえば、あとは楽ですね。

 

次、何しよっかな、、、

室内野菜栽培の【楽しみ方】カテゴリの最新記事