【\祝猫「おむつ」卒業/】それは突然でした、、、こんな日が来るとは(泣)

つい「自分の人生が全て」だと思ってしまう人へ。ダークヒーローに学ぶ『世の中の見方』

つい「自分の人生が全て」だと思ってしまう人へ。ダークヒーローに学ぶ『世の中の見方』

どうも、ハチだ。


※この記事では毒を吐くこともある。閲覧には十分注意してくれ。自己責任だ。


 

「自分を特別な存在だと思わない方がいい」

たしかこんなセリフだったと思う。

 

 

好きな小説の主人公が

極限の状況を前に震える仲間に言った一言だ。

 

 

その小説の題名は最後に記す。

面白そうだと思ったらぜひ読んでみて欲しい。

 

世の中はニュートラルに見る。

渋谷にたむろする未成年の「チーマー」である主人公たちは、

ひょんなことから「強盗」と「ヤ〇ザ」と三つ巴になる。

 

生き死にに及ぶかもしれないという戦いの前に、

仲間とマックで腹ごしらえをしているときだ。

 

仲間の一人は震えて、ポテトも喉を通らない。

 

そんな仲間を見かねて彼は言う、

「おいおい、そんなに考えるな。誰でもいつか死ぬんだぜ。自分を特別な、、、」と。

 

ついつい自分の人生が全てだと思ってしまう(私も)。

「自分は何て不幸なんだ」

自分こそ不幸の最先端に居るくらいに錯覚してしまう。

 

その逆で、

「なんて自分は幸せなんだ」

自分こそが人生の勝者で、才能でここまで登りつめたんだと、

おごり高ぶるパリピ野郎。

 

外から見たら恥ずかしい人なのに。

 

🔗人生は運。宝くじを買い続けろ。

 

巷にあふれる宣伝文句は

「人生の主役は自分だ」

「自分で人生を成功に導こう」

 

どちらも行き過ぎると恥ずかしい。

 

「強盗」も、、、

実は、この小説の中で対立する「強盗(二人)」もそんな人間たちだ。

私にとっては『ダークヒーロー』。

 

ニュートラルに世の中を見て、判断し、行動して生きる。

 

♪「でたらめばかりだって、耳を塞いでいたら、

 なんにも聞こえなくなっちゃうよ」♫

 

いわゆる「悪い方側の人間」なのだが、

彼らは良いも悪いも判断しない。

 

まじめにコツコツが報われない世の中でどう生きるか考えた結果、

当然の帰結でそうなる。

 

 

情報を集め、綿密に計画を立て準備し、大胆に実行する。

 

 

彼らは「ヤ〇ザ」が闇カジノで集めた金を狙う。

そんな金は表立って警察に足が付かないからだ。

 

そして罪悪感も感じずに済む。

 

基本彼らは「コ〇シ」はしない。

やむを得ない場合以外。

 

だから綿密に時間をかけて計画と準備をする。

「失敗=ジ・エンド」だから。

 

悪意の先端に居る「ヤ〇ザ」だけが損をする、

そんな痛快なところもこの小説の好きなところだ。

 

他にもオススメの、、、

同じように感じる作品だと、

映画「オーシャンズ11(シリーズもの)」「カラスの親指」「ゲロッパ」あたりも良い。

 

あっ、あと、この著者の他の小説もそんな人物が登場し、

エピソードや、セリフがいっぱい出てくる。

 

上げればいつまでも話しが続きそうなので、

今回はこの辺で。

また需要があれば他の作品についても書くかもしれない。

 

それと、言っとくが、、、

「小説」だ、「作り話し」だと思うなかれ。

 

脳はそれを判断できない。

 

より「臨場感のある方」を現実だと認識するから。

 

🔗自分に酔って思い込めば、、、

 

最後にこの小説の題名は、、、

そんな小説の名は、「ヒートアイランド」。

みんな知ってたか。。。

 

この小説の著者の作品には、他にも同じような人間が登場する。

オススメ。ぜひ。

 


 

🔗小説を持ち歩く

 


※この記事は突然削除する可能性もある。

裏ハチ(心の声)カテゴリの最新記事