なぜ夢中になると、関係性が変わるのか?

なぜ夢中になると、関係性が変わるのか?

こんにちは、ハチ@夢中です。

 

夢中になってるときって、
ただ行為のみが存在している感じです。

 

「集中」とは違います。

 

やっている「私」が無くなっています。

「私」が認知されない状態?

 

夢中から戻るときの表現として、
『ハッと我にかえる』

これがピッタリです。

 

「私」がいない状態からの帰還です。
おかえりなさい。

 

「私」が無くなる

私=観測者です。

やっていることを認識している私です。

 

「集中」には私がいます。
頑張っている私が。

 

夢中になると、観測者がいない感じです。

 

なんか変ですが、そんな経験ないですか?

 

 

行為に没頭していて、気付いたら時間が過ぎていた、、、

そう、夢中になると「時間」も無くなります。

>>夢中になると無くなるもの

 

 

存在とは、観測者がいてはじめて成り立つものです。

「存在するもの」と「観測者」、そのどちらか一方でもなくなると、存在などありえません。

 

正確に言うと、
存在しているかどうかわかりません。

確認のしようがないのです。

 

存在しているとも、していないとも言えるし、言えないし、、、、

やっぱり変!?

 

さて、なんで夢中になると、関係性が変わるのか?

私=観測者が居ないので、
「比較」や「評価」が無くなります。

 

関係性が変わるというか、
無くなります。

 

ま・じ・で。

 

夢中から帰ってくると、全部フラットに見えます。

「比較」「評価」が無いのです。

 

好きも嫌いもありません。

すべてのものに「初めまして」です。

 

「おぎゃー」

 

「比較」や「評価」が無い世界に居れると、

「正しい世界」を認知できます。

 

本当はもっと不合理で不平等で残酷な世界。
(人によっては違うかも。私の場合です。)

 

正しい世界と自分の世界観のズレが、
苦しみや偏見を生み出しているのだと思います。

 

ちゃんと見る(見える)と、
「まーそうだろうね。知ってたよ」くらいで済みます。

夢中になるカテゴリの最新記事