結局、「縁」でしか生きれない

結局、「縁」でしか生きれない

こんにちは、ハチ@夢中です

 

出会う「情報」「人」「場所」「自分の特性(DNA)」、、、
それらを組み合わせたり、活かしたり、

 

それしか出来ない。

 

出会ってない(知らない)もので、何かすることなんてない

 

出会うって、物理的でなくても、
自分が「思いつく」こと「気付くこと」とかも。

 

でもその「気付いたこと」でさえも、
何かと何かと何か・・・の「縁」で

「気づかされた」もの

 

それは「縁」で、選べないし、

選んだとしても、
「結果」が望んだ方向に出るとは限らない。

 

いろんな「縁」が複雑に絡み合って、
それぞれが変化し続けているから。

 

 

縁は増やしたり、変えたりすることはできる。

「縁」は増やすことはできる。

 

縁が変われば、「関係性」が変わる。

 

それは確実に変わる。

 

でも増やしたからって、
結果が望む方向に転ぶとは限らない

 

ただ言えるのは、

今、望む方向に行ってないなら、それが続いているなら、
出会いを増やしてみたら良いと思う。

 

ただ「縁」を変えるてみるだけでも良い。

 

よりどん底でこそ好転する可能性が高いのでは?

 

自分が縁で出会った問題だけに取り組めばいい

自分の目の前にある問題が、

大きな問題か、小さな問題か、
それも「縁」。

 

ある人は「宇宙」の問題に取り組む。

ある人は、ごく個人的な、
誰が興味あるのか分からない「夢中」に取り組む。

 

「宇宙」と「夢中」
(www 言いたかっただけだろ)

 

 

自分と遠い問題に夢中になると、
(物理的な距離ではなく、関係性の遠さ)
実感が無いから、成長も影響も乏しい。

 

どこにも影響を及ぼさないから、

変化がない。

負のスパイラルから抜けれない。

 

私は、ずっーと前に出会った
「縁起」と「抽象度」、
今体感してる「夢中」に出会って、

後から繋がり出した。

 

いつどこで何が繋がるかなんてわからない。

抽象思考カテゴリの最新記事