もう、自分が「夢中になれること」を探すのはやめましょう

もう、自分が「夢中になれること」を探すのはやめましょう

こんにちは、ハチ@夢中です。

 

もう、自分が「夢中になれること」を探すのはやめましょう。

 

探しても見つかりません

もう十分探したはずです。

 

私はずっと見つかりませんでした。

でも今は見つかりました。

 

それは、「夢中になった」からです。

まず夢中になりましょう。

「...?」

 

出会ったとしても「気付けない」のです。

 

『認知』が「間違ってる」、もしくは「偏ってる」から。

 

凝り固まった自分の「世界観」・「価値観」で観ているから、
出会ったとしても「気付けない」のです。

 

それを一旦外さないと、「気付けない」のです。

 

「常識」とか「世間体」とか。
「好き」も「嫌い」も。
「正しい」とか「正しくない」も。

 

それらを外すには「夢中になる」ことです。

「...?」

 

 

「夢中」っていうのは、「無我夢中」の夢中です。

 

「夢中」になると「私」が無くなります。

 

行為に没頭してたら「夢中になってしまった。。。」

気付いたら夢中になってしまってた。。。

 

「我に返った」とき、はじめて「夢中だった」ことに気付くのです。

夢中の最中は、「夢中であること」にも気付きません。

 

それどころか、没頭してると、「痛み」にも気付きません。

指が痛くてもコントローラーを握って「夢中でゲームをしてる子供」です。

後から指が痛いことに気付くのですw

 

 

「私」=「観測する者」=「認知するもの」が居ない状態です。

 

だから「痛いこと」にも気付けないのです。

「夢中である」ことにも気付けないのです。

 

「私」が居ない状態

 

夢中の最中は、

「私」=「観測する者」=「認知するもの」が居ない状態です。

 

このとき

「常識」も「世間体」も、
「好き」も「嫌い」も、
「正しい」とか「正しくない」も

全部無くなります。

 

認知出来ないのです。

認知する者が居ないから。

 

 

そこから ( ゚д゚)ハッ! 「我に返った」とき

ゆっくり意識が現実に向かいます。

 

まだ「夢中の状態」を引きずりながら。

 

その過程で「認知するもの」、

それは、

「正しい世界」です。

 

すべてフラットに観れる状態です。

 

「ダイヤモンド」と「そこら辺に落ちている小石」の区別がつきません。

両方とも「この世界を構成している大切なひとつ」として認知します。

 

「優劣」はありません。

「比較」も「評価」もしません。

ただありのままを観れる状態です。

 

色眼鏡で観ていません。

自分の見たいものだけを見ているのではありません。

 

だから「気付く」とか「思いつく」ことが増えるのです。

認知するものが微細になるから格段に増えるのです。

 

「夢中」とは状態のことです。

 

「何かをした」からなるものではありません。

 

「何をするか」はどーでも良かったのです。

 

何をしてようと、ある共通の「条件」のようなものに、

自分をぶっ込めばいいのです。

 

「コツ」のようなものです。

 

だから何か「自分が夢中になれること」を探すのではなくて、

さっさとその状態(=夢中)になればいいのです。

 

そしたら見つかりました。

自分の「夢中になるべきこと」が。

 

まとめ

と、まぁ、よくここまで理屈を繋げたなぁ、

と、自分でもそう思いますw

 

でも、いつも「論理」や「理屈」は「後から」です。

大抵はそうです。

 

「自己啓発本」とか、「成功法則」とか、

成功した人が、成功したあとに振り返ってみて、

後から自分の経験を辻褄合うように書いてるのです。

自分はこうだった、と。

 

私がそれに当てはまるかどうかは別です。

 

 

何だかんだ言っても、「夢中」の体験は「体感」です。

 

「論理」や「理屈」は、「夢中」になったら、どーだって良いのです。

まず「夢中の状態」を「体感」して欲しいです。

 

そしたら私は、夢中になって「やるべきこと」が見つかりました。

「あー、これをやってたらいいんだ」って。