車は「ガソリン」。人間は「希望」???

車は「ガソリン」。人間は「希望」???

冬の車はガソリンをよく食う。

日々変わる「ガソリン価格」。

昔にくらべて、車の「燃費」は上がった。とはいえ、「気候の変動」や「価格の変動」など、抗えないものに立ち向かっていく「技術の進歩」に、この先どれだけ期待がもてるのだろうか。。。「伸びしろ」はあとどれくらい残ってるのか。。。

 

おっと、こういう「未来」を観ているときに発生するのが、「不安」や「問題」なんだった。

今、今。今だけ見よう。

現状、車は必要だ。地方は低所得者だろうが、車社会。車を動かすガソリンが必須なのだ。「いかに効率よく走るか」あらかじめルートを決めて、アイドリングはやめて、、、なんか空しくなってきた。。。

おっとまたすぐ「未来」を見てしまう。

これはゲームだ。「少ないガソリンでいかに車を走らせるかゲーム」

今を楽しめ!

 

車は「ガソリン」。人間は「希望」???

人間には「希望」が必要だ、とは言うけれど、、、

結局、「希望」とは「安心・安全」を疑似的に生み出してることだと思う。。。

「(なんか知らんけど)何があっても俺は絶対大丈夫!」

「(根拠は無いけど)この先良くなるはずだ!」

「安心・安全」があるから前に進めるんだ。

 

「希望」は「幻想」・「偏った見方」・「妄想」、、、

「希望」のほとんどは、「幻想」・「偏った見方」・「妄想」・「思い込み」、、、

ちゃんと「今」を見れてない。

 

「希望」が叶うことは、ほぼ無く、

のちのち希望と現実とのギャップに、ひどく落ち込むか、、、

目標を下方修正して妥協し、自分を納得させるか、、、

ほとんどこれ。

 

大方の人の希望は「○○で1番になりたい。。。」

1番は1人。あとは1番にはなり得ない。

 

「引き寄せの法則」が「願えばなんでも叶う」ではないのと同じ。

みんなが1番を願っても、、、

♪ みんなの願いは同時には叶わない

『誰かの願いが叶うころ』宇多田ヒカル

↑こういう大前提を無視して世界を生きようとするから、いらない問題が発生するんだ。

ただでさえ、生きてるだけで問題を生み出してるようなもんなのに。。。

 

「安心・安全」を土台にせず行動してるのは、「緊急事態」

生命の危機を感じて動いてる、緊急事態。

虫と一緒。反応してるだけ。そこに意思はない。

 

そして、「安心・安全」は無い。

あるのは「不安・恐れ」。

 

認知は狭まり、少ない選択肢の中から行動を選ぶから、また問題が現れ、、、

 

「希望」が無くても前に進める

虚構の「希望」が「安心・安全」を創り出している。

でも、「希望」が無くても前に進めるんだ。

 

「安心・安全」は常に在る。「不安・恐れ」というブレーキを外せば、勝手に現れる。

「希望」も「絶望」もいらない。必要なのは「今だけ」。

 

♪ 今だけ 今だけ 今だけ 今だけ

『エルビス(仮)』ザ・クロマニヨンズ

 

「希望」も「絶望」も無い世界にようこそ。

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)