理由は後付け。ことば・論理は矛盾を内包する。

理由は後付け。ことば・論理は矛盾を内包する。

上手くいったのは、「テクニック」や得た「知識」を使ったからではない

そう思うのは、「後付けの理由」であって、”そう思いたい” から。

思いたいように思ってしまう。

上手くいったのは、たまたま。

 

逆に、上手くいかなかったら、「このテクニック(知識)は使えない」、「自分には合わなかった」…と思うはず。

 

なんで○○したんですか?

分からないけど、、、自分の中のいろんな『縁』がマッチしたんだろうな。。。

 

メカニズムは分からなくても、『在ること』を優先する。

そのメカニズムは分からなくても、「そうであること」がより良い状態であるなら、

『在ること』を優先する。

 

何にでも理由があると思うな

いや、あるんだろうけど、

その要因の「繋がり」「重要度」「影響量」は、常に変化している。

 

事象が起こったあとに、それを分析しても、すでに状況は変わってしまっている。

 

正確にとれる情報は「今だけ」。

今をおろそかにしない。

 

「なんか違うな…」を大事に。

「直感」を無視して失敗した。

学部・学科を選択するときも、就職先を選択するときも、得体のしれない「暗さ」のようなものが確かにあった。

「明るさ(のようなもの)」を感じる方へと進んでたらいい。

「なんか違うな…」を大事に。

 

『縁』があるものは、勝手に「認知」が湧いてくる

「アイデア」、「問題点」、「解決方法」など…

 

やってはダメだ。と思うとやってしまう法則

認知するからだ。

見たらやりたくなってしまう。

ケ~さつ官の不正が無くならないのも、犯罪を目にする機会が多いから

 

やりたくなるのに理由なんかない

理性で止めようとすると、より増幅する

認知を外せば、無くなる

抵抗・反発すれば、より強固になって返ってくる

 

「考え方」なんてものはある一人の認知のことで、

後付けで浮かんできた ”あぶく銭” のようなもの。

 

ここに書いてることも全部後付け。

この記事も、このブログも。。。

( ゚д゚)ハッ!「あっ!そういうことかぁ」

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)