#止まる

#止まる

まずは思考を止めることから始めた。

「二の矢」をバッタバッタと斬りまくれ!

 

自分が「喋ってる」とき、情報を取り逃がしている。

無意識の「ひとり言」、「愚痴」、、、

このとき、今に居ない。『今ここ』の情報を取り逃がしてる。

 

“意識的” な「ひとり言」、「愚痴」、

「ようし、ひとり言、言うぞー」はOK。

無意識がダメ。

 

ただ黙ってると、機嫌が悪いと思われるw

笑顔をつくる?

でも表情に意識が行ってるとダメなんだ、、、

笑顔の練習が必要か?

♪無理に笑うのよせ

『SIDE BY SIDE』吉井和哉

 

いつも何かを「探してる」

「なにか必要なものがあるんじゃないか?」って。

そうじゃなくて、「待つ」「保留する」だった!

ほんとうの欲求が出てくるまで。

♪探しものがあるのではなく 出会うものすべてを待っていた

見たいものと 見せたいものばかり

見えるものだけ それさえあれば たどり着けない答えはないぜ

ずっとここには ずっとここには 時間なんか無かった

『生きる』ザ・クロマニヨンズ

 

「保留」「待つ」

誰かに言われてすぐに反応するのではなく、一旦「保留する」。

ある程度、情報入れたら、一旦全部捨てる。

すると、ふと「!」思い出したかのように出てくるものが、「重要・優先」事項。

 

これには、「演技力」が必要だ。

聞いて、納得してるフリして、本心では、「保留しまーす」なのだから。。。

 

「何もしない(止まる)」は「ぼぅーっと」するのではない。

寝ても解決しない。

無意識になるから。

何か一つ『適度な難易度』の行為をする。

 

もしかしたら…「止める」という行為よりも、、、

「ずらす」、認知を。

「止める」は意志がより強い。「抵抗・反発」な感じ

「ずらす」「外す」の方が、サッと「かわす」「いなす」感じ

 

相手は急に梯子を外されて、勢い余ってコケて “しまう” 。その結果「止まる」だ。

こっちのほうがしっくりきた。

 

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)