「思考の無い世界」~考えたら問題は解決するのか?

「思考の無い世界」~考えたら問題は解決するのか?

考えても考えても日々問題だらけ

思えば問題が消えたことがない世界。

それでも「考えれば問題が解決するはずだ!」

↑何の根拠もない、、、

大前提だろ。ちゃんと考えてんの?

 

考えるのが好きな(得意な)人が、「そう思いたい」だけなのでは?

バイアスにかかってる?

考えるのが苦手な私には、「どうやってもそれじゃ永遠に問題は解決しない」と思ってしまうのと同じで。

 

「気付いた瞬間」が一番気持ちいい

アハ体験というのかな?

→だから頭を使うことは ”良いこと” だ、と思いたい、、、

人間にとって「気持ちいい」ことは→「良いこと」だ、という “すり替え”

 

考えないと、少なくとも、”頭の良さ” で決まる「支配者優遇の不平等」は無くなる

「考えろ、思考停止するな」

↑「これは世界にとって良いことなんだ」、という価値観。

価値観なんて、何かに押し付けられて決まってるんだ。

もちろん「頭のいい人たち」は抵抗・反発するだろう。

自分の優位が崩れてしまうからね。

 

誰も何も考えない世界って、、、

皆がみんな、いつも「ぼーっ」として、欲が生まれたら、好き勝手に欲にまかせて行動する、殺伐とした世界なんてやだー

いや、そうじゃないんだ。むしろ忙しい。

ずっとその「思考」を見張ってなきゃならないから。

思考したときにだけ問題は発生する。

発生の起点をいち早くキャッチするんだ。「思考したらダメなんだ」と。

それはもう、スリリングだぜ。

「問題」がこじれたとき、はじめて、しかたなく「思考」を使うんだ。

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)