#意識の向き

#意識の向き

意識を向ける方向性だけなんじゃないか?

向けてる時間と。

幸せになりたいなら、「幸せ」に意識を向ける

何をするにも、しないにも、

あとは勝手に幸せを感じる力(?)が付いていく

#脳の可塑性

 

自転車だって、なんだってそう。

 

まずは「安心・安全」を創ろう。

 

意識の向け先によって、

思考がそうなる。

認知がそっちしか拾わない

行動は、その認知の中から選択される

 

意識が向いてる方の情報しか認知できない

 

意識の焦点が合いやすいのが、自分に縁のあること

ここを追いさえすればいい

 

「努力すること」に焦点を置いてはダメ!

歯を食いしばって、嫌なことでも、、、

「好き」な人には勝てない、絶対。

あいつらは、寝なくても平気。身体壊れても気付かないんだ。

 

「好きになる」も無理!

「好き」は “なってしまう” もの、因果が逆。

 

「好きなこと」に気付く ←ここに焦点を置く

 

毎瞬。「俺って、これが好きなんだよなぁ」っていう「実感・体感」を原動力とする。

ずっと裏で「好き」が暗躍してる。

 

「結果なんかしらね」

やってる最中に、結果なんかに意識を割かない。

「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」

アントニオ猪木

 

意識が無くなるのは、

気絶してるか、寝てるか。

 

起きてる間は、何かしらに焦点を当てている

それがずっと、苦しみや問題だらけなら、そりゃキツイ。

選択できるよ。

 

極寒の中、エロは働かない

エロなんか認知してる場合じゃない

より強烈なものに意識は奪われる

「サウナ→冷水」

スッキリするのは、一瞬でも「心配ごと」が無くなるから

 

一心不乱に祈ることで、「病んでいる」という「認知を外してる」んじゃないか?

だから唱える「お経」は、本来は「意味不明」じゃないと駄目なんだ。

「唱える」という行為に没頭、夢中に成るために、

「病」から「認知を外す」ために、、、

 

「お経の意味すること」にも意識を割いてはならない。

最後は完全に『無我』になることを目指してる。

あらゆることから「認知を外す」。

 

昔、「速読」の通信教育で、メトロノームに合わせて、黒丸(●)を目で追う訓練をしてた。

最終的には、もう無理っていうスピードまでもっていくのだが、着いていけなくて辞めた。

眼球が悲鳴を上げた。

 

なんとなく思ったのが、あれは、「目」や「視覚力」を鍛えるのではなくて、「意識の焦点」で文字を見ようとする訓練だったのでは?

そう思うと、そういや他の奇抜な訓練も、「意識」を操作するものだったと、合点がいく。みかん集中法とか、、、

 

空腹感を使う

意識の向きが自動で内向きになって良い感じ

腹が「減ってる」「減ってない」

「足りてる」「不足」の引っ張り合いの拮抗点の辺りを揺らいでる

それが心地良い

 

どっちも同居してる。

どっちも在ることを、認知してる

自分の中に「不足」も「充足」も在る

 

意識を泳がせる #瞑想日記

留まろうとする意識を、一処に留まらせない。

気付くと止まる。一瞬でどこか他に向く。

気付きの連続

 

向くままに委ねる

思考に向いたり、感覚に向いたり、感情に向いたり…

 

この意識が、万遍なく均等にあらゆるところに行き渡って止まったら完成か?

自在にするのが完成か?

 

自分の特性を知る

意識が常に内向きで自分に向いてると、自分の特性に気付く。

外の現象に対してどう反応したか、ずっと観察してるから。

 

自分の特性は、自分そのものではない

ここを切り離せると、もう「外の現象」に巻き込まれない、振り回されない。

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)