#緊張・拮抗

#緊張・拮抗

人生は、どうしたら『緊張・拮抗』状態で居れるか「ゲーム」。

『緊張・拮抗』状態がBESTな状態だから

何があっても、、、

 

緊張・拮抗を分かってもらうのに、ゲームを例に取ってみようと思う。

ゲームの中でも最も単純な、、、

テトリス

なぜテトリスは「夢中」になってやってしまうのか?

常に「絶妙な難易度(LEVEL)」を設定してくる。

”つい” やってしまうのだ。

 

「結果なんて、知らね。」

ずーっと『緊張・拮抗状態』に入って、あとは『脳の可塑性』に委ねていれば、重いものも軽くなっていく。。。

「結果なんて、知らね。」

俺の影響なんてたかが知れてるわ。

 

「#偏り」が「苦しみ」や「問題」の原因だからって、”ただ真ん中に居る” のではない。

真ん中、中間点、平均点、、、ここに「力」は集まらない。

それは、ただボーっと「居る」だけ。

”がち” な「ゼロ」だ。(何もない。何も生まれない)

瞑想で活力・健康を害した、青白い顔をし、ヒョロガリ体型の人を見たことがあるだろう。

 

存在感を発揮し『在る』には、活力満タンで居るには、

『緊張・拮抗点』を探すのだ。

『緊張・拮抗』状態が、力(エネルギー)の内在のポイント?

 

自分が「平均値」である可能性って、限りなく “ゼロ” に近い

それなのに、本を読んで学んだ、と、その通りやってみようとするが…上手くいかない。。

「平均値」に近づこうとするのは、大方の場合、自分にとって「不正解」だったりする。

 

いつも「ドキドキ・わくわく」

この『在り方』が、能力全開の状態

自分で創れる

いつも日中眠かったのが…「眠くない!どっかいった。」

 

「公平」「平等」など無い!

『緊張・拮抗』が在るだけだ。

 

「緊張・拮抗点」は、相対的なものなので、どこにでも在る。

体調が悪いからって、「あー何もできない」って思ったら大間違い。

呼吸はしてるし、体は動くし…

 

その条件・環境・状況での「緊張・拮抗点」は在るはず。

そこを探す。

 

体の悪い箇所に意識をとらわれない、いい練習になる。

「わたし」と「からだ」を切り離す

 

ついでに「しこう」も「かんじょう」も…やったれ!

たとえ↘下降線の中にでも在る。

 

「逃げる」を使うときは、そのゲームが自分にとって難易度が高過ぎだと気付いたとき。

「逃げる」は選択肢の一つで、他の選択肢と優劣は無い。

どうやっても緊張・拮抗点が見つけられないと察知したとき。

 

これには、常に自分の反応を見張ってなきゃならない。

「この現象に対して自分はこう反応するんだな、(・_・D フムフム」

 

目的を見失ってはいけない。

目的は「常に今、この瞬間が最高で一番」

何かを達成することではない。

何かを達成することで一瞬だけ得られるものではない。

 

ただいま『夢中で在りたい』コンテンツを作成中。

どうすれば「夢中で在れるか?」、そんな観点から書いてます。 日々、内容を充実させてます。 頭に「#」タグが付いてる記事がそれです。 (自分が到達できなくても、誰かのヒント…いや、ネタの一つにでもなったら嬉しい。。)